リサ ラーソン まねくねこ 縁起物 置物 リサラーソン Lisa Larson japan series 波佐見焼 招き猫 送料無料

販売価格 13,000円 10,300円
割引:21%OFF
商品コード R0190031-VEJ3G

選択して下さい:



個数:

商品の詳細

Lisa Larson 波佐見焼 陶器 招き猫 LL700 LL700pk LL700gr リサ ラーソン リサラーソン ジャパンシリーズ





リサラーソン まねくねこ
リサ・ラーソン ジャパンシリーズは、日本文化に常に関心を持ち続けてきたリサ・ラーソンが、彼女ならではの新しい視点で日本の伝統的なプロダクツカルチャーとコラボレーションするシリーズです。

リサラーソン まねくねこ

日本の「招き猫」をベースに、リサ・ラーソンが、新しい命を吹き込んだ「まねくねこ」。
長崎の波佐見焼で造られ、陶器の暖かく素朴な質感が魅力的。
青・さくら・わかばの3種類。福を招くだけではなく、ココロを癒やすとっておきとしても。
化粧箱入りで「だれか」のココロを癒やす贈り物としても、ぴったりです。

陶器:
陶土と呼ばれる粘度が原材料で800〜1200℃の比較的低い温度で焼かれ、「土もの」と呼ばれる。 吸水性が高い。風合いは土のぬくもりや素朴さが感じられる。叩くと鈍く低い音がする。
磁器:
石英や長石などの陶石が原材料で、1200〜1400℃の高い温度で焼かれ、「石もの」と呼ばれる。 吸水性が低い。風合いはガラス質が高く、白く滑らかで洗練された印象。叩くと金属的な高く澄んだ音がする。
波佐見焼
長崎県にある伝統的工芸波佐見焼は歴史が長く、400年以上前から生産されています。
波佐見焼の生産地は長崎県東彼杵郡波佐見町で、波佐見町は燃料(木々)、水(小河川)、土(陶石)というやきものの生産に欠かせない3つの条件が揃った、 窯業に非常に適した環境を持つ地域です。
日常使いの器が多く作られており、暮らしに合わせて徐々に変化をしながら、新しい器が生み出されています。
リサ ラーソン
1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれの陶芸家。大学卒業後、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)からスカウトを受け、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったGustavsberg(グスタフスベリ)社に入社。
26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとした約320種類の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸デザイナーとして一躍人気を集める。
1979年に退社後フリーデザイナーとして活躍した彼女は、1992年にKeramik Studion Gustavsberg社を設立。
やさしくかわいいコケティッシュな動物や、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアは、本国スウェーデンや日本のみならず、世界中で数多くのファンが急増している。 近年は作品の復刻の他に、アートピースや新作を発表するなど、現在も精力的に活動を続ける。
SPEC
■商品名:リサラーソン まねくねこ
■サイズ:W95mm(手まで含めて)×H135mm×D60mm
■素材:陶器/転写プリント
■注意事項:
急激な温度変化は、ひびなどの原因となることがあります。
また色の濃淡、焼き具合、サインなど写真と異なる場合がございます。表情や焼き色に対するリクエスト、イメージ違いによる返品はお受けできませんのでご注意ください。
■原産国:日本(長崎県)
■広告文責:(株)エル・ローズ TEL 0776-67-7223